シールオンライン 朱雀鯖のしたらなさんの露店メモ。      調査して欲しいアイテムとかいくらで売れたとかコメントによろ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
インスタント?インスタンス?
v13アップデート後の露店

剣聖
鬼神激憑+1未鑑定 200M
剣魂胴未鑑定 24M
剣魂脚未鑑定 22M
鬼力震魔未鑑定 350M
憤怒 9k~50M

魔剣士
龍頭未鑑定 10M
龍胴+2未鑑定 50M
龍脚未鑑定 35M
龍靴未鑑定 40M
輝龍脚未鑑定 1G
剣輝 100k~40M

聖騎士
カリバーン未鑑定 200M
セイント盾未鑑定 120M 売れてたぽい
セイントクロス頭未鑑定 45M
セイントクロス胴未鑑定 2G
セイントクロス脚+3未鑑定 45M
セイントクロス靴+1未鑑定 12M
ホーリーナイト頭未鑑定 70M
ホーリージャッジメント 100k~50M

黒騎士
ブラックソウルアックス未鑑定 240M
ブラックソウル胴+1未鑑定 70M
ブラックソウル脚未鑑定 29M 売れてたぽい
レッドソウル盾+2未鑑定 300M
レッドソウル靴未鑑定 30M
バーサーカー 9k~30M

プリースト
ゴッドロッド未鑑定 190M
聖職者頭防御5速度2回避1HP2 6M 購入
聖職者胴未鑑定 35M
聖職者脚未鑑定 20M
ホーリーロッド 500M
高等司祭頭+1未鑑定 60M
礼拝 10k~50M

ビショップ
ゴッドメイス未鑑定 50M
司教頭未鑑定 12M
司教靴未鑑定 50M
ジャッジメントメイス未鑑定 148M
大司教頭未鑑定 15M
大司教靴未鑑定 68M
ゴッドアンガー 50k~5M

炎魔道士
赤水晶の杖未鑑定 90M
赤水晶胴未鑑定 48M
赤水晶脚未鑑定 30M
赤水晶靴未鑑定 25M
炎龍尾の杖未鑑定 350M
炎龍鱗頭+1未鑑定 58M
マジックフレイム 12k~30M

氷魔道士
氷龍鱗頭未鑑定 80M
マジックムーブメント 9k~14M

アサシン
沈黙のサイ右未鑑定 120M
幻影のサイ左未鑑定 380M
幻影頭未鑑定 40M
幻影脚未鑑定 85M 売れたらしい
幻影靴未鑑定 30M
幻影 1s~2M

ギャンブラー
ギャンブラーナイフ+8闇 100M
ギャンブル胴未鑑定 80M
ジョーカー頭未鑑定 19M
ブラックジャック 500s~20M

マイスター
創作の金槌未鑑定 90M
創作胴未鑑定 38M
創作脚未鑑定 25M
創作靴未鑑定 15M
創極頭未鑑定 30M
宝石の秘技 10k~30M

ブレイカー
破壊の槌未鑑定 78M
破壊者頭未鑑定 15M
破壊者胴+3未鑑定 40M
破壊者脚未鑑定 30M
破壊者靴未鑑定 27.5M
粉砕者頭未鑑定 50M
粉砕者靴未鑑定 52M
爆破訓練 2k~2M 

買取
ホーリージャッジメント 40M
アイスマスタリー 3M
魔剣士の息吹 200k
魔剣士の決意 200k~250k
聖騎士の息吹 50k
聖騎士の決意 50k
プリーストの息吹 50k~300k
プリーストの決意 50k~300k
炎魔道士の息吹 250k
氷魔道士の決意 200k~500k





インスタント?インスタンス?


さて、v13アップデートで2次職が実装された訳ですが
v13というか次期アップデートの主な内容には
2次職、カップル強化、クエスト追加
そしてインスタンスエリア「アルカネス」の4つが発表されていました

順番で言うと2次転職の後はカップルペット
そしてインスタントフィールド&クエスト追加

ここでふと疑問
インスタントなの?インスタンスなの?どっち!!
いろいろサイトを見てみると両方使われている

グループごとにゾーン生成が行われるインスタントフィールドとなる
とか
パーティ単位で入ることができるインスタンスフィールド
とか

意味を調べてみると
instant インスタント
瞬間、瞬時、即時の、即席

instance インスタンス
実例。実体、実体化(オブジェクト指向言語において)

インスタントだとすぐ作られる的な意味合い
インスタンスだと新しく作られる的な意味合い
「アルカネス」は、パーティ単位で探索できるMOプレイが可能な「インスタントフィールド」。インスタントダンジョンとの違いは、フィールド全体がインスタント(MOプレイマップ)であることだ。
MOっていうのはパンヤとかPSOみたいに
部屋を作った瞬間に新しくマップが作成されて、そのマップでゲームする
なのでどっちも意味も含まれている、と思う



ただ、最近はこれを分ける必要も出来てきている

即席作成型(インスタント)ダンジョン
即席作成型ダンジョンは2種類あって
1.
PTごとにダンジョンが作られるMO的なダンジョン
マップ的には同じ(アルカネスはこのタイプ)
ECOのインスタンスダンジョンや
ラテールのインスタントダンジョン
ていうか最近のMMORPGには殆どある
2.
入った時点でランダムにダンジョンが生成される、
つまりは不思議のダンジョン
マビノギのように入るときに消費するアイテムにより
ダンジョンが生成されるタイプもあ
完全にランダム生成は見ない


そして分ける必要がある原因

オブジェクト指向型(インスタンス)ダンジョン
分かりやすく例えるとRPGツクール
もしくはエキサイトバイクのデザインモード

プレイヤーがマップのパーツやポップするモンスター、罠などを
設置、配置して他のプレイヤーに楽しんでもらうダンジョン
入場料やクリア報酬などが設定できるが
だいたい自腹だったりするのでダンジョン製作者が赤字になったり
美味しいダンジョンばかり作られたり
パターンが少なくて飽きられたり
システム面倒なわりに不人気
ロードしたり保存にメモリ食うだろうしね==;

開発中止になったモナトエスプリとか
オンラインゲーム事業縮小で音信不通のルナティアとか
どっちも運行されてないが・・・

ま、シールの新要素には期待しないほうがいい

なぜなら
パーティーゾーンは追加実装されることなく放置
アリーナも放置
要は新システムの実装という宣伝が必要なのだ
外から見て開発してるっぽい印象与えるしね
[PR]
by que3id | 2008-03-05 20:12 | シールオンライン
<< 2次職名日本語化 タゲの問題点 >>